2017.12.07

「チームに貢献したかった」ダービーに出場できないポグバ、後悔を語る

ポグバ
ポグバはアーセナル戦の退場によってFAから3試合の出場停止処分を受けていた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバが10日に控えた“マンチェスター・ダービー”に出場できない悔しさをコメントした。6日付でアメリカメディア『ESPN』が伝えている。

 ポグバは、2日に行われたプレミアリーグ第15節アーセナル戦に先発出場したものの、74分にスペイン代表DFエクトル・ベジェリンを足の裏で踏んでしまい、一発退場。イングランドサッカー協会(FA)は同選手に対して3試合の出場停止処分を科していた。

 これにより、ポグバは10日に行われるリーグ戦第16節マンチェスター・Cとの“マンチェスター・ダービー”に出場できない。同選手はダービーに出れない悔しさを見せながらも、チームへの信頼を示している。

「本当に、ダービーには出場してチームに貢献したかった。とても失望しているよ。この一戦はマンチェスター・Cを捉えるためにも、絶対に勝利が必要な試合なんだ。重要な時に、何もできないのは本当に悔しい」

「ただ、僕はチームメイトを信頼しているよ。できる限りのことはしたいと思っているし、僕がいなくても彼らは勝利をつかみ取ってくれるだろう。試合では攻撃の面でもでも、守備の面でもすべてを出し切る必要があるね。上手く行けば、勝てるはずだ」

 加えて、ポグバはマンチェスター・Cについても言及。相手チームを称賛し、「素晴らしい試合になるだろう」と展望を述べた。

「マンチェスター・Cはとてもいいスタートを切っており、リーグ戦では1度も負けていない。彼らは精神的にも充実しているだろうね。ただ、僕たちは8ポイント離されている。彼らを捉えられると思っているし、そのためにも、この試合では勝利が必要なんだ。」

「“マンチェスター・ダービー”は大一番だし、雰囲気も壮大なものになるだろう。素晴らしいスタジアムの雰囲気の中で、素晴らしいチームと素晴らしいプレーヤーが集った素晴らしい試合になるはずだ。本当に、プレーしたい試合だったよ。僕はプレーできないが、精神的な面でチームを助けたいと思っている」

 大一番の“マンチェスター・ダービー”は日本時間の11日深夜1時30分にキックオフ予定となっている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る