2017.11.19

イブラの復帰にモラタの魔法? プレミア第12節の注目すべき5つのポイントを紹介

イブラヒモヴィッチ モラタ
復帰したイブラヒモヴィッチ(左)と1ゴール1アシストを決めたモラタ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第12節がイギリス各地で行われ、白熱した試合が繰り広げられた。イギリスメディア『スカイスポーツ』が、18日に行われた8試合の中で注目すべき5つのポイントを紹介している。

■イブラヒモヴィッチの復帰
 フランス代表MFポール・ポグバが2カ月ぶりに復帰したことに加え、35歳の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがピッチ上に戻ってきた。

 今年の4月に行われたチェルシー戦以来、実に216日間プレミアリーグで試合に出ていなかったが、77分からフランス代表FWアントニー・マルシャルと交代でピッチにたった。

■シルバのアシスト数
 今シーズン、すでに8つのアシストを記録しているスペイン代表MFダビド・シルバは、レスター戦でもブラジル代表FWガブリエル・ジェズスにゴールをプレゼントした。同選手はプレミアリーグ通算アシスト数を「72」に伸ばしている。

■モラタの魔法
 スペイン代表Fwアルバロ・モラタはウェスト・ブロムウィッチ相手に8ゴール目を決め、4つ目のアシストを記録している。モラタは出場した11試合の中で12ゴールに絡む活躍を披露しており、これは歴代のチェルシー選手を抜き、クラブ記録を更新したという。

■“スピーディー”マッカーサー
 クリスタル・パレスに所属するスコットランド代表MFジェームズ・マッカーサーが、エヴァートン相手に開始から51秒でゴールを奪って見せた。同ゴールは今シーズンのプレミアリーグで現時点最速ゴール記録だ。

■ウィルソンのハットトリック
 ボーンマスに所属するイングランド人FWカラム・ウィルソンが、ハダースフィールド相手にハットトリックを達成した。彼は、今シーズンで一番最初にイギリス人でハットトリックを達成した選手となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る