2017.11.17

“エージェントP”再び? 次なるターゲットはユーヴェのエース!

ポグバ
ポグバ粉する“エージェントP”が再び動き出したようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、再び有望な選手をチームに引き入れる計画を立てているようだ。イギリス紙『メトロ』が16日付で報じた。

 今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得する際に大きな影響を与えたと噂されているポグバ粉する“エージェントP”。これは同選手がまるで代理人かのように振る舞い、有望な選手をチームに勧誘することに起因しており、自身もSNSなどで積極的に「#AgentP」の文言を使用している。

 これまでも、フランス代表のチームメイトであり、アーセナルが強い関心を示しているモナコ所属のMFトマ・レマルなどにも“接触”したとみられている“エージェントP”が、新たなターゲットを設定したようだ。

Feliz comple a mi hermano (El Crak)!! @paulodybala #AgentP

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 –

 今回、ポグバのインスタグラムに投稿されたのは、ユヴェントスのエースであるアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラだ。

 ポグバは以前ユヴェントスに所属しており、2人は主力としてチームを牽引。当時の親交は今も続いているようで、11月15日に24歳の誕生日を迎えたディバラをテレビ電話で祝福した模様。「誕生日おめでとう、弟よ!!」と、メッセージが綴られている。

 この投稿の文末に「#AgentP」の文字が記載されていたため、同メディアは“敏腕代理人”が再び始動したと報じたようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る