2017.10.24

ギグス氏、監督解任したクラブを逆指名? 「あのチームには興味がある」

ギグス
監督業に興味があるギグス氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 かつてマンチェスター・Uでプレーし、同クラブで監督を務めた経験もある元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏が、今後の監督業について語っている。イギリスメディア『BBC』が報じた。

 同氏は、今月に入って監督が解任されたレスターとエヴァートンへの監督就任を熱望している。現在暫定監督を据えている両クラブに対して、43歳の同氏は「その2クラブには大変興味がある」とコメントしたという。

「レスターは2年前にプレミアリーグを制したし、エヴァートンは素晴らしい戦力を備えているんだ。彼らを率いれたら嬉しいけど、ほかにも候補者はたくさんいる」

「私はいつでもオファーを受け付けている。野心があるんだよ。チームと選手を成長させることに喜びを感じているし、様々なことにチャレンジしたいんだ。だからトップチーム以外でも、チャンピオンシップとリーグ・ワンも魅力的だよね」

 なお同メディアは、ギグス氏よりも前サウサンプトン監督のクロード・ピュエル氏や、現ウェールズ代表監督のクリス・コールマン氏らの方が実現の可能性が高いと紹介した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る