2017.10.22

警戒を強めるクロップ監督…敵エースのケインは「世界一のFWかもしれない」

ケイン
トッテナムでプレーするケイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、22日に行われるプレミアリーグ第9節のトッテナム戦についてコメントを残した。イギリス紙「イブニング・スタンダード」が報じている。

 ニューカッスルとマンチェスター・Uに引き分けているリヴァプールは、2連勝しているトッテナムのホームに乗り込む。クロップ監督は、好調なチームの中で特に注意すべきはイングランド代表FWハリー・ケインだと主張している。直近15試合で15ゴールを挙げ、リーグ戦通算81ゴールを記録した同選手に対して、最大級の賛辞を送りながら警戒を強めた。

「昨シーズンまでの2年間で判断することはできない」と前置きしつつも「ファンタスティックなストライカーだ」と称賛している。マンチェスター・Uのベルギー代表FWロメル・ルカクと比較しながら「ケインは得点を奪えなかった時でも、チームのために効果的にプレーできる。そこがルカクと違うところだね。もちろん、彼もすぐにそのステップに進めると思う」と、プレミアの顔となった選手たちを語った。

 対策を聞かれると「私たちはルカクからボールを遠ざけたんだ。ケインにも同じ対策が取れると考えているよ。(イングランド代表MF)デレ・アリや(デンマーク代表MF)クリスティアン・エリクセンからのパスも防がないとね」と明らかにしている。

 最後に「各ポジションに素晴らしいタレントを揃えているチーム」と評したクロップ監督は「ケインは今、世界一のFWかもしれない。数年後には必ずそうなっていると信じているんだ」と締めくくった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る