2017.10.21

ケインがトッテナム愛を主張「他チームでのプレーは考えたこともない」

トッテナムのFWケイン
トッテナムで生涯プレーを続けたいと考えているケイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードなどのビッグクラブからの関心が報じられているトッテナム所属のイングランド代表FWハリー・ケインだが、自身はトッテナムでプレーを続けることを希望しているようだ。同日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 昨シーズン29ゴールを挙げてプレミアリーグの得点王に輝いたケイン。25得点を記録し得点王となった2015-16シーズンに続いて2シーズン連続となる得点王を獲得していた。今シーズンのプレミアリーグでも8試合に出場し6ゴールを記録するなどケインは好調を維持。レアル・マドリードを筆頭に多くのビッグクラブがそんなケインの獲得を狙っており、移籍の噂が度々報じられていた。

 しかし、ケイン自身は現役生活の全てをトッテナムに捧げたいと考えているようだ。「トッテナムのトレーニング施設は素晴らしいし、新スタジアムの完成も控えている。トッテナム以外のチームでプレーすることなんて考えたこともないよ」とケインはコメントした。

 続けてケインは「フットボールの世界では何が起こるかわからない。けれども、トッテナムは僕のホームだ。トッテナムで将来的に数多くのタイトルを勝ち取りたいと心から思っている。ここで自分自身成長できると感じているからね。長期的な契約を延長したことはとても嬉しいことだ。(移籍の)噂は噂に過ぎないよ」と語り、移籍の噂を完全に否定した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る