2017.10.20

マンU、エレーラとの契約延長を楽観視…リーグ戦先発は2試合のみ

アンデル・エレーラ
今シーズンは出場機会の確保に苦しんでいるエレーラ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uは、スペイン代表MFアンデル・エレーラとの契約延長に自信を持っているようだ。19日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 昨年サポーターズ・オブ・ザ・イヤー選手賞を受賞するなど、中心選手として活躍していたエレーラ。しかし、今シーズンはセルビア代表MFネマニャ・マティッチ加入により、出場機会が激減。リーグ戦でスタメン出場した試合は2試合にとどまっており、ポジション争いに苦戦している。

エレーラの契約を巡っては、昨年11月からクラブと代理人が話し合いを続けていることが明らかになっている。しかし、いまだに合意には至っていない。このことから、来夏の退団も噂されているが、同クラブは同選手との契約延長を楽観視しているという。

 現在エレーラとマンチェスター・Uとの契約は2018年6月までとなっている。しかし、この契約には1年間の自動延長オプションが付いており、実質は2019年6月までとなっている。このことから、同クラブはその間に新契約を締結できると考えているようだ。

 今夏には、多くのファンからキャプテン就任を求められるなど人気の高いエレーラ。去就が決定するのはいつになるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る