2017.10.18

岡崎所属レスター、シェイクスピア監督を解任…3年契約締結から4カ月で退団

シェイクスピア
レスターの指揮官を解任されたシェイクスピア監督 [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは17日、クレイグ・シェイクスピア監督の解任をクラブ公式サイトで発表した。

 昨シーズンにチームを復活させた指揮官が、3年契約締結からわずか4カ月で解任となった。シェイクスピア監督は、アシスタントコーチを努めていた昨シーズン途中の2月に、解任されたクラウディオ・ラニエリ前監督の後任として暫定指揮官に就任。すると、公式戦6連勝で鮮やかな復活劇を演出し、初挑戦のチャンピオンズリーグでベスト8入り、プレミアリーグでも降格圏ギリギリの17位から12位まで上げて残留に導いていた。今年6月には3年契約を勝ち取っていたが、今シーズンはリーグ戦第8節終了時点で、1勝3分4敗の降格圏内18位と低迷。成績不振により契約締結からわずか4カ月で解任となった。

 アイヤワット・スリヴァッダナプラバ副会長はクラブ公式サイトを通じ、「アシスタントコーチや2月に困難な状況で就任した監督の任務中に、クレイグはクラブのために身を捧げてくれた。彼のクラブへの貢献や働きは疑いのないもので、クラブ史で最も成功した期間に多大な貢献をしてくれた」と感謝を述べた。

 なお、後任は未定で、21日に行われるプレミアリーグ第9節のスウォンジー戦は、6月にアシスタントコーチに就任したマイケル・アップルトン氏が暫定で指揮を執るという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る