2017.10.17

スターリング、アーセナル移籍の噂に言及「考えたこともなかった」

ラヒーム・スターリング
好調なプレーを披露しているスターリング [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 マンチェスター・Cのイングランド代表MFラヒーム・スターリングが、今夏一部で噂されていたアーセナル移籍に、全く関心がなかったことを明かした。16日付の『サン』が伝えている。

 マンチェスター・Cは今夏、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得を目指していた。しかし交渉は進展せず、一部報道ではマンチェスター・Cが、移籍交渉にスターリングを盛り込む選択肢があると伝えられていた。

 17日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節ナポリ戦の前日記者会見に出席したスターリングは、その時のことについて「彼(ペップ・グアルディオラ監督)と話す必要はなかった。なぜなら夏の間にプレシーズンのことをすでに話していたからね」とコメント。さらに「ネガティブな考えや気を悪くしたことは一切なかったよ」と一連の報道には何の問題もなかったと主張した。

 そして、同選手は「僕は監督から何か聞くまで、それらのことを信じていなかった。僕の心配することではなかったね。ペップは誠実な人だ。(もし噂が真実なら)前もって伝えてくれていたはずだ。だからそのことは考えなかった。1分さえもね」と同監督との信頼関係を強調し、心配はしていなかったことを明かした。

 残留を果たしたスターリングは、今シーズンここまでで公式戦10試合で7ゴールを記録するなど、見事な活躍を披露。この時点で、自身の持つシーズン公式戦最多得点11まであと「4」と迫っている。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る