2017.10.15

モウリーニョ、ケガ人を嘆くも引き分けに満足「選択肢がなかった」

モウリーニョ
モウリーニョ率いるマンUは今季アウェイで無敗 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ジョゼ・モウリーニョ監督が14日に行われたプレミアリーグ第8節リヴァプール戦後、インタビューに応じた。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日付で報じている。

 敵地アンフィールドで行われたリヴァプールとの“ナショナルダービー”は、終始リヴァプールが攻めこむも、マンチェスター・Uが耐え抜いて0-0のスコアレスドローとなった。

 モウリーニョ監督は試合について「前半はMFに活気があり、試合をコントロールできていて何も問題はなかった。後半にも少しチャンスはあったが、元気な選手が必要だったと感じるよ。(ドイツ代表MF)エムレ・ジャン、(オランダ代表MF)ジョルジニオ・ワイナルドゥム、(イングランド代表MF)ジョーダン・ヘンダーソンを相手にするなら、力とエネルギーが必要だ。(セルビア代表MF)ネマニャ・マティッチと(スペイン人MF)アンデル・エレ―ラだけでは、彼らを抑えることはできなかったね。それに加えて(ブラジル代表FW)フィリペ・コウチーニョが出てきてから、徐々にコントロールを失ってしまった。ベンチに多くの選手がいれば、もう少し対処できたように思う。ただ、エレ―ラとマティッチは全力を出してくれた」と述べ、MF陣のケガを嘆いている。

 加えて、「後半に(イングランド代表FW)マーカス・ラッシュフォードと(同代表FW)ジェシー・リンガードを入れて、攻撃の速度を上げようとした。でも上手くいかず、最後の20分は完全に相手のペースだったね。リヴァプールの中盤はほんとに強く、90分間変わらなかった。選択肢がなかったので、引き分けという結果はポジティブだと思うよ。ドローになるようにはコントロールできたし、リヴァプールはイライラしていたように感じる」と結果に満足していることを語った。

 マンチェスター・Uは無敗を継続。リヴァプールは今シーズン2度目の引き分けとなった。次節、マンチェスター・Uは21日にハダースフィールドと、リヴァプールは22日にトッテナムと、ともにアウェイで対戦する。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング