2017.09.23

クロップ監督、出場機会減少のスタリッジは「日々よくなっている」

スタリッジ
ケガの影響で不調が続くスタリッジ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、出場機会の減少がみられるイングランド代表FWダニエル・スタリッジについてコメントした。イギリス紙『デイリーメール』が22付けで報じている

 16日に行われたプレミアリーグ第5節バーンリー戦で、スタリッジは今シーズン初出場を果たした。しかしインパクトは残すことができず、カラバオ・カップ3回戦、日本代表FW 岡崎慎司所属のレスター戦では出場機会を得られなかった。

 スタリッジについて「私達は夏に話した。それは“どこのクラブに行けるのか?”や“いつ出発できるのか?”といった移籍に関する話ではない。彼の重要性が疑問視されるような状況ではないよ。彼はプレシーズンでもいい動きを見せていた。彼は重要な選手だよ」と擁護している。

 加えて、「私達はリーグカップのレスター戦に彼を連れていかなかったが、それは私の判断だ。彼は10分から30分ほどしかプレーできなかった。彼を残して、フィジカル的に充実させた方がよいと感じたんだ。実際彼は、真面目に練習に取り組んでおり、日々よくなっているよ」と期待感をのぞかせた。

 スタリッジは直近の3シーズン、ケガの影響もありプレミアリーグ46試合出場にとどまっている

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る