2017.09.19

ファーディナンド氏、ボクサー転向を正式発表「不可能なことはない」

ファーディナンド
ファーディナンド氏がボクサー転向を発表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プロボクサーへの転向が報じられていた元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏は19日、ツイッターやインスタグラムを通じて正式にボクサーとしてのキャリアを開始することを発表した。

 「Defender to Contender(守備者から競技者へ)」と名付けられた今回の挑戦はオンラインでのスポーツギャンブルを提供する『ベットフェア』がファーディナンド氏を支援する形で行われる。同社は過去にも自転車競技の金メダリストであるヴィクトリア・ペンドルトンさんのジョッキー転身プロジェクトを支援。最初のレースで勝利するなどプロジェクトを成功させてきた。

 今回、ファーディナンド氏を支援するのは元WBCスーパーミドル級王者のリッチー・ウッドホール氏と元ラグビー選手でパーソナルトレーナーを努めるメル・ディーン氏の2人。週に3度ウッドホール氏とともにボクシング技術向上のトレーニングを行い、それ以外の日にはメル・ディーン氏のもとで体作りを行うという。また必要に応じて現役ボクサーや引退したボクサーなどをチームに呼ぶと『ベットフェア』公式サイトで発表されている。

 ボクサーとしての目標について、公式サイトは「タイトルベルトに挑戦すること」と発表。最初のステップはイギリスのボクシングライセンス取得になり、成長とパフォーマンスをみながら徐々にステップアップしていく予定だという。

 挑戦にあたりファーディナンド氏は「ベットフェアがこの話を持ちかけて、新しいスポーツで自分を証明するチャンスに惹かれた。簡単な挑戦ではないことは分かっているが、エキスパートが集まったこのチームと私の成功への執念があれば、不可能なことはないはずだ」と公式サイトで意気込みを語った。また指導にあたるウッドホール氏も「ボクサーとしてはまだ未熟で、そこを成長させていく。リオの“右”には自然に備わったパワーがあるし、彼の重量にしては身長、リーチのアドバンテージもある」と太鼓判を押している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る