2017.09.14

「トッテナムを離れるべき」 ケインに進言する“バロンドールのススメ”とは?

ケイン
トッテナムでプレーするケイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムは13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1戦でドルトムントと対戦し、3-1で勝利している。同試合で2ゴールをあげ勝利に貢献したイングランド代表FWハリー・ケインについて、イギリスメディア『BBC』で解説者を勤めているフィリップ・ネヴィル氏がコメントした。

 9日に行われたプレミアリーグ第4節のエヴァートン戦でクラブ通算100ゴール目をマークしたケインは、169試合目での記録達成となった。ケインはブラジル代表ネイマール(177試合目)やアルゼンチン代表リオネル・メッシ(188試合目)よりも早く同一クラブでの100ゴールを果たしている。しかしネヴィル氏は、慣れ親しんだクラブを離れるように進言した。

「彼がトッテナムを離れれば、ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表FW)のようなワールドクラスのプレーヤーになれる。トッテナムがこのままプレミアリーグでトップ4に入り続けても、ケインにとって十分ではないと思う。彼はバロンドール(ヨーロッパの年間最優秀選手賞)に挑戦できるよ。トッテナムにいてもCLでプレーすることはできる。でも結局はレアル・マドリードやバルセロナのようなビッグクラブに行きたくなるはずだ」と語っている。

 続けて「彼はルート・ファン・ニステルローイ(元オランダ代表FW)のように本能のまま動くストライカーだ。それからジエゴ・コスタ(スペイン代表FW)のように走り回ってDFを混乱させるね。彼が完璧なストライカーであるところを何度も見てきたよ。FWは基本的にセルフィッシュな人間が多いけど、ケインは違うんだ。信じられないくらいチームプレーヤーなんだよ」と同選手のパフォーマンスを称賛している。

 同じく『BBC』で解説を務めているポール・ジギンズ氏は「ロベルト・ソルダード(元スペイン代表)がトッテナムで活躍していたら、彼の才能を拝むことはできなかっただろうね」と語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る