2017.08.22

ルーニー、プレミア通算200得点達成に喜びも「もっと得点を」…代表復帰にも意欲

ウェイン・ルーニー
プレミアリーグ通算200得点を達成したルーニー [写真]=Everton FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 21日に行われたプレミアリーグ第2節、マンチェスター・Cとエヴァートンの一戦で、エヴァートンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーがゴールを奪い、プレミアリーグ通算200得点を達成した。同選手がエヴァートンの公式HP、そして自身のインスタグラムで喜びを語っている。

 今夏13年ぶりにエヴァートンに復帰したルーニー。マンチェスター・C戦では35分、中央に走り込んだ同選手が、FWドミニク・キャルバート・ルーウィンのボールに左足で合わせて先制に成功した。その後82分に相手に同点弾を許したものの、ルーニーは開幕から2試合連続ゴールを達成している。

 この得点がプレミアリーグ通算200得点目となり、ニューカッスルなどで活躍した元イングランド代表FWアラン・シアラー氏(260得点)に次ぐ史上2人目の快挙を達成。エヴァートンの公式HPで試合を振り返り、記録達成の喜びを語っている。

「アラン・シアラーと共に歴史に名を刻めるのはすごく光栄だよ。でも彼に追いつくためにはまだまだ得点が必要だね。最高の瞬間だったし、これからももっと得点を奪いたい」

 また、自身のインスタグラムでは「勝利を持って帰ることができず残念だった」とドローに終わったことに悔しさを滲ませながらも、「強いチームとの一戦で勝ち点を得られたのは良いこと」とコメント。「得点を記録できて、プレミア200ゴールを達成できて喜びを感じている」と達成感を得たことも記している。

 また、自身のツイッターではマンチェスター・Cのサポーターに対しメッセージも。マンチェスター・Cにとって最大のライバルであるマンチェスター・Uで長らくプレーしたルーニーにとって、やはりマンチェスター・Cの存在は今も特別なのか、「見慣れた顔に会えるのはいつも嬉しいことだよ」と絵文字を付けて綴っている。

 イングランド代表では負傷の影響もあり、落選が続いていたルーニーだが、「ガレス・サウスゲート監督と今後数日の間に話をするつもりだ。どうなるか見てみよう」とコメント。9月1日、4日に行われるマルタ、そしてスロヴァキアとのFIFAワールドカップ ロシア2018欧州予選への出場に向けて意欲を見せた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る