2017.05.19

モウリーニョ、大物獲得を狙う? マンU移籍の可能性がある4選手とは

モウリーニョ
大物獲得を狙うモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏の移籍市場で複数の選手の獲得を望んでいるようだ。イギリス紙『ミラー』が18日付で報じた。

 マンチェスター・Uは今シーズン、プレミアリーグを6位で終えることになる。すでにコミュニティー・シールドとリーグカップのタイトルを獲得しており、24日にはアヤックスとのヨーロッパリーグ決勝戦が控えている。来シーズンに向けての準備をすでに始めていると伝えた同紙、マンチェスター・Uは約2億5000万ポンド(約360億円)を用意して移籍市場で大物獲得を狙うという。そこで今夏にモウリーニョ監督が獲得する可能性のある選手を、同紙は紹介している。

■アンドレア・ベロッティ

ベロッティ

トリノで絶好調のベロッティ [写真]=Getty Images


 度々、元イタリア代表FWクリスティアン・ビエリ氏と比較されることがあるイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ。イタリア人に似つかわしくない豪快なプレースタイルは、モウリーニョ監督の好みに合致する。得点力も申し分なく、今シーズンはセリエAでここまで33試合に出場、25ゴールをマークしている。

■アントワーヌ・グリーズマン

グリーズマン

アトレティコ・マドリードのエース、グリーズマン [写真]=Getty Images


 現在メインターゲットだと噂されているレアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得に失敗した場合、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得に専念するとされている。昨年行われたユーロ2016で一気に価値を高めたグリーズマンは、バロンドールの候補者にも名前が挙がるほどの選手に成長。チャンピオンズリーグでは準決勝でレアル・マドリードに敗れたものの、彼の価値が色褪せることはない。

■ロメル・ルカク

ルカク

古巣チェルシーからの興味が報道されているルカク [写真]=AMA/Getty Images


 今シーズンのプレミアリーグで36試合に出場、24ゴールをマーク。得点ランクで2位につけているにもかかわらず、彼の大舞台での活躍に疑問を抱く人もいる。まだ24歳ということもあり、改善の余地はある。ベルギー代表FWロメル・ルカクに関して、古巣のチェルシーも獲得に動いているとされるが、マンチェスター・Uのフロント陣が本気で動けば、可能性は十二分。

■アレクシス・サンチェス

サンチェス

アーセナルとの契約延長交渉が滞っているサンチェス [写真]=Getty Images


 アーセナルのファンは、チリ代表FWアレクシス・サンチェスを見放したと伝えた同紙。低迷していたチームで、プレミアリーグ37試合に出場、23ゴール11アシストを記録。アーセナルとの契約延長交渉が滞っていることもあり、メディアが様々な憶測を立てている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る