2017.05.13

モウリーニョ監督、FWルカク獲得にルーニーを利用する可能性も? 

ルカク ルーニー
移籍が報じられているルカク(左)とルーニー(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、エヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクに関心を寄せている。13日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 ルカクに関してはマンチェスター・Uのほか、チェルシーなど複数のクラブが興味を示している。モウリーニョ監督は同選手が元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチに代わる存在と考え、アトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンと並び、今夏のメインターゲットに据えているようだ。

 今回の報道によれば、マンチェスター・Uはルカク加入を実現させるための方法を模索。エヴァートンが設定した破格の額に対し、同クラブはイングランド代表FWウェイン・ルーニー+金銭での契約を画策しているという。

 今シーズン終了後の退団が取り沙汰されているルーニー。同選手はここまでリーグ戦の先発出場が12試合と、モウリーニョ監督の下で十分な出場機会を得られていない。しかし、ルーニーはインタビューに応じた際、「このクラブで13年間プレーしているんだ。もちろんここでプレーしたいよ」とコメント。残留を希望していることを明かしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る