2017.04.03

T・シュテーゲンがマンC移籍の噂を否定「バルサに全ての力を捧げたい」

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン
バルセロナの守護神として君臨するT・シュテーゲン [写真]=Jean Catuffe/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが、マンチェスター・Cへの移籍の噂を否定し、バルセロナでの居心地の良さをアピールした。2日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在24歳のT・シュテーゲンは2014年7月に、ボルシアMGから加入。加入当初は軽率なミスやケガの影響でなかなか出場機会を得られなかったが、チリ代表GKクラウディオ・ブラボがマンチェスター・Cへ移籍したことに伴い、正守護神の位置を確かなものにすると、今シーズンのリーガ・エスパニョーラでも27試合に出場。22失点に抑えている。

 バルセロナとの契約は2019年の6月末まで残っているT・シュテーゲンだが、昨年からマンチェスター・Cが関心を寄せていることが報じられていた。しかし今回「ここでのプレーに満足している」と語り、移籍の可能性を否定した。

「チームメイトにも友達にも恵まれているし、このチームでのプレーを楽しんでいる。将来のことは誰にも分からないから、何年後までここにいるかは分からない。でもできるだけこのチームで沢山のタイトルを手にしたい。そのために持てる力を全てを捧げたいし、絶えず成長していきたいんだ。とにかくいつも目の前のことに集中しているよ」。

 バルセロナは現在リーグ戦で2位につけており、次節はホームで4位のセビージャを迎え撃つ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る