2017.04.02

トッテナム指揮官、首位チェルシーに宣戦布告「タイトルのために戦う」

ポチェッティーノ
リーグ制覇へ意気込みを語ったポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第30節が4月1日に行われ、トッテナムはバーンリーに2-0で勝利した。試合後、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督がコメントを残している。2日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えた。

 格下バーンリーに完封勝利を収めたトッテナムは、リーグ4連勝を飾って2位を維持。首位を走るチェルシーがクリスタル・パレスに敗れたことで、両チームの勝ち点差は残り9試合で「7」となっている。

 ポチェッティーノ監督は試合を振り返り、「バーンリーとの試合はいつも難しいが、我々は素晴らしい個性を発揮した。特に、後半のパフォーマンスはとても良かったよ。トッテナムは規律に基づいてしっかりとしたプレーを見せていた」と語り、チームの戦いぶりを称賛した。
 
 また、同監督は「タフなゲームだったから、勝てたことに誇りを感じる。この勝利は大きい。チェルシーが落ちればトッテナムが行く。我々はリーグタイトルのために戦うよ」とコメント。チェルシーを抑えてのプレミアリーグ制覇に自信をのぞかせている。

 トッテナムは次節、5日にスウォンジーと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る