2017.03.23

プレミア連覇へ突き進むカンテ、チェルシー移籍は「正しかった」

カンテ
今季開幕前にレスターからチェルシーへ移籍したカンテ [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが、今シーズン開幕前の移籍決断について「正しかった」とコメント。同クラブで充実の時を過ごしていることを強調した。イギリスメディア『スカイスポーツ』がコメントを伝えている。

 カンテは昨シーズン、日本代表FW岡崎慎司のレスターでプレミアリーグ優勝の立役者の一人となった。昨年夏の移籍市場ではチームメイトとともに去就に関する様々な報道がなされたが、最終的にはチェルシー移籍を決断。同クラブは今シーズン、プレミアリーグの首位を快走している。

 カンテは「本当に幸せなシーズンを過ごしてるよ。チェルシーへ来るという決断は正しかったね」とコメント。多くのチームメイトがレスター残留を選んだ中、チェルシーへ移籍した決断を「正しかった」と表現した。

「自分たちは今、良い位置にいる。とても良い仕事をしているよ。自分に関する、素晴らしいこと(評価)も聞いている。とても嬉しいね。重要なのは、このシーズンを良い形で終えるために仕事をすることだ」

 古巣のレスターは初出場のチャンピオンズリーグで快進撃を見せ、準々決勝進出を果たした一方で、プレミアリーグでは下位に低迷。クラウディオ・ラニエリ監督の解任後は持ち直しているものの、第29節終了時点で暫定15位となっている。チェルシーは2位トッテナムに10ポイント差をつけて首位を快走し、FAカップでも準決勝に進出。タイトル獲得へ、視界は良好だ。今後も順調に勝利を積み重ねていけば、カンテ個人としてはプレミアリーグ連覇を果たすこととなる。今後のさらなる活躍に期待がかかるところだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る