2017.03.20

ドローもマンC指揮官は「監督キャリアの中で、最も幸せな日の一つだ」

グアルディオラ
グアルディオラ監督がリヴァプール戦を振り返った [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第29節が19日に開催され、マンチェスター・Cはリヴァプールと対戦し、1-1で引き分けた。ジョゼップ・グアルディオラ監督の試合後コメントを、マンチェスター・Cのクラブ公式HPが伝えている。

 マンチェスター・Cは51分にリヴァプールにPKを献上。これを元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーに沈められ、先制を許す。しかし69分、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネのクロスをアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決め、試合を振り出しに。その後、逆転のチャンスがあったものの決めきることができず、試合は1-1で終了した。

 白熱の上位対決を終え、グアルディオラ監督は「想像できないだろう。私の監督としてのキャリアの中で、最も幸せな日の一つだ。私はとても誇りに思うよ」と始め、チームの戦いぶりを称えた。

「チャンピオンズリーグ(CL)の後、数日間はトレーニングでみんなとてもとても悲しんでいたし、多くを喋らなかった。ヨーロッパでの大会が無く、1週間の準備期間があったリヴァプールと我々はここで対戦した。我々が見せたスピリットは、監督としてのキャリアの中で最も幸せなことの一つなんだ」と同監督は続け、モナコの前にCL敗退を喫したもののそこから立ち直った選手たちに賛辞を送っている。

 2点目を奪うことができなかったことについては、「我々はリヴァプールよりも多くの絶好機を作ったが、決めることができなかった。大きな目標を達成するには、冷静になる必要がある」とコメント。ゴール前での冷静さを求めた。

 次節、マンチェスター・Cは4月2日にアウェイでアーセナルと対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
84pt
ナポリ
83pt
欧州順位をもっと見る