2017.02.02

ジェラード“コーチ”が始動…古巣リヴァプールで新たなキャリアをスタート

ジェラード
下部組織コーチ就任初日に選手と会話するジェラード氏(右)[写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表のスティーヴン・ジェラード氏が2月1日、古巣リヴァプールの下部組織のコーチとして始動した。地元紙『リヴァプール・エコー』が同日に報じた。

 昨年11月に現役引退を表明したジェラード氏は、9歳から下部組織に在籍し、1998年から17年間トップチームでプレーしたリヴァプールに、アカデミーのコーチとして復帰することが先月発表されていた。

 就任前日の1月31日にはプレミアリーグ第23節のリヴァプール対チェルシーでイギリスメディア『BTスポーツ』の解説者を務めていたジェラード氏だが、翌朝から新たなキャリアをスタートさせた。自身のインスタグラムでは「1日目」として、スパイクやベンチコートなどの“コーチキット”の写真を掲載している。

Day 1 😁#academy #lfc

A photo posted by Steven Gerrard (@stevengerrard) on

 コーチ就任については以前、「とても楽しみにしているけど、同時に少し不安になることもある」と明かしていたが、初日はリラックスした表情でアカデミーの練習場に登場し、若手選手たちに指導を行ったようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング