2017.01.01

13連勝達成のチェルシー指揮官、シーズン後半戦は「よりハードワークを」

D・コスタ(右)とともに勝利を喜ぶコンテ監督(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第19節が12月31日に行われ、チェルシーはストークと対戦し、4-2で勝利した。試合後、チームを率いるアントニオ・コンテ監督がコメントを残している。クラブ公式サイトが伝えた。

 ストークを撃破し、リーグ戦の連勝を13へ伸ばしたチェルシー。勝ち点を49に伸ばした同クラブは、首位でシーズン前半を折り返すとともに、最高の形で2016年を締めくくることとなった。

 同サイトによると、試合後のコンテ監督は、「このゲームはとても厳しかった。ただ我々は勝利に値した。選手たちは勝つために戦うという素晴らしい意志を示してくれた。満足しているよ」とコメント。2度同点に追いつかれながらも、4ゴールを奪って勝ち点3をもぎとった選手を称えた。

 この試合ではブラジル代表MFウィリアンが2ゴールを挙げている。指揮官は、「ファンタスティックだ。彼は良い男だから、2ゴールを決めてくれて私も嬉しいよ。この結果に値すると思う」と活躍を喜んだ。84分に交代を命じた理由については、「とても疲れていた。ケガをするリスクがあった」と説明している。

 4日に行われるリーグ第20節トッテナム戦から、シーズン後半戦が始まることとなるチェルシー。コンテ監督は、「シーズン前半は我々にとって信じられないものとなった。しかし、この状況を繰り返すことは非常に難しいだろう。すべての試合に勝つための正しい解決策を見つけるべく、よりハードワークしていかなければならない」と気を引き締めた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ホッフェンハイム
14pt
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る