FOLLOW US

レスターに痛手 守護神シュマイケルが右手骨折、1カ月以上の離脱か

右手を負傷しながらもフル出場したレスターGKシュマイケル [写真]=FrontZoneSport via Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが4~6週間離脱することがわかった。3日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 シュマイケルは、2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節、敵地でのコペンハーゲン戦でパンチングした際に負傷。フル出場を果たしたが、同日の夜にX線検査を行い、現在は一時的にギプスを着用しているようだ。

 同選手はコペンハーゲン戦後、イギリスに帰国してから詳細な検査を受診する予定。手術を行うなら全治6週間、手術をしなくても全治4週間ほどかかる見込みのようだ。

 レスターは、クラブ公式サイトを通じて「シュマイケルはCLコペンハーゲン戦で右手を骨折し、しばらくの間離脱することになる」と発表。今シーズンの公式戦13試合に出場してきた守護神の離脱は、チームにとって痛手となりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO