2016.10.27

退席処分のモイーズ監督が激怒、吉田麻也のタックルは「間違いなくPK」

モイーズ
退席処分を命じられたサンダーランドのモイーズ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)4回戦が26日に行われ、サンダーランドは日本代表DF吉田麻也所属のサウサンプトンと対戦し、0-1で敗れた。試合後、ゲーム中に退席処分を受けたサンダーランドのデイヴィッド・モイーズ監督が判定に対するコメントを残している。26日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えた。

 モイーズ監督が判定に疑問を呈したのは89分のシーン。1点ビハインドのサンダーランドは、元ナイジェリア代表FWヴィクター・アニチェベがエリア内で吉田のタックルを受けて倒れた。しかしホイッスルはならず、モイーズ監督は第4審判に詰めよる。これを受けて主審のクリストファー・カバナフ氏はモイーズ監督に退席を宣告。同指揮官は不満を表しながらピッチを去ることとなった。

 同紙によると、試合後のモイーズ監督は、「我々は負けに値していなかった。延長戦へ持ち込めずに残念だ」と結果に落胆。さらに、「ボックスの中で吉田はヴィクターと交錯した。間違いなくPKだった。しかしあの判定の瞬間、我々の運は尽きてしまったよ」と続け、吉田のタックルはPKに相当するものだったと主張した。

アニチェベ(左)と競り合った吉田麻也(右) [写真]=Getty Images

アニチェベ(左)と競り合った吉田麻也(右) [写真]=Getty Images

 判定に不満を語った一方、モイーズ監督は自らの行動を反省。「私はエリアを離れ、第4審判に主張した。あの行動は正しかった。ただ、彼が私に下がるよう追いかけてきたとき、私は彼に悪態をついてしまった。そうするべきではなかったし、退席に値するよ」と抗議が過剰になったと振り返った。

 結局、最後まで得点を奪えず敗れたサンダーランドは、これで大会を去ることに。同クラブはここまでのプレミアリーグで、2分け7敗と白星を挙げることができておらず、最下位に沈んでいる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る