2016.08.01

ユーロで不発も…トッテナム指揮官がケインを擁護「責任は共有されるべき」

ケイン
ユーロ2016では無得点に終わったケイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムの指揮を執るマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、ユーロ2016で不発に終わったイングランド代表FWハリー・ケインを擁護した。7月31日付けのイギリス紙『サン』が報じている。

 2シーズン連続20ゴールを記録し、プレミアリーグ最高のストライカーの1人となったケイン。しかしイングランド代表として出場したユーロ2016では無得点に終わるなど、期待に応えることができなかった。

 トッテナムを率いるポチェッティーノ監督は「結果に納得がいかない時、人々はその原因を探そうとし、誰かを犯人にしたがるものなんだ。だけど僕からしてみれば、ケインは他の選手と同じように捉えられるべきだね。いいところも悪いところもあった」と、同選手ばかりが批判されることに納得がいかない様子。そして「彼だけの責任じゃない。フットボールでは、責任は共有されなければならない」と、擁護するコメントを残している。

 昨シーズンはリーグ戦で得点王に輝いたケインだが、代表では16試合で5ゴールとインパクトを残せてはいない。サム・アラダイス監督が指揮官の座に就任した新生イングランド代表で、ケインはエースストライカーの立場を確立できるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る