2016.04.06

“格安”で首位快走…レスター、先発11人の総額がスターリングの半額未満

スターリング
レスター11人の移籍金総額はスターリングの半額未満 [写真]=Leicester City FC via Getty Images、[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レスターで先発出場している選手たちの移籍金総額が、マンチェスター・Cに所属するイングランド代表MFラヒーム・スターリングの半額以下であったことが判明した。イギリス紙『サン』が5日付で伝えている。

 残り6試合となった現在、2位トッテナムとの勝ち点差を「7」に広げてプレミアリーグ優勝に近づいているレスター。実現すれば、“史上最高の偉業”とも称されている。果たして、栄光のイレブンの移籍金総額はいくらだったのだろうか。

 現在のレギュラーメンバーで最も移籍金が高額だった選手は日本代表FW岡崎慎司で、700万ポンド(約12億8000万円)。岡崎と同じく昨年夏にレスターへ加入したフランス代表MFエンゴロ・カンテが2番手で、移籍金は560万ポンド(約8億7500万円)とみられている。

 移籍金が3番目に高額だったのは元ドイツ代表DFロベルト・フートで、レスターは前所属のストークに300万ポンド(約4億7000万円)を支払っている。さらに、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケル、イングランド人DFダニー・シンプソンの3名が、移籍金が100万ポンド(約1億5600万円)で並んでいる。

 なお、今シーズンのプレミアリーグ第32節終了時点で31試合出場16ゴール11アシストの活躍を見せているアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの移籍金は、わずか40万ポンド(約6200万円)である。また、オーストリア代表DFクリスティアン・フクスとイングランド人MFマーク・オルブライトンはフリートランスファーでレスターに加入している。

 人気銘柄の移籍金相場が3000万ポンドを超えることが稀ではないプレミアリーグで、レスターの先発11選手の移籍金総額はわずか2050万ポンド(約32億円)に過ぎない。なお、昨夏にリヴァプールからマンチェスター・Cに移籍したスターリングの移籍金は4900万ポンド(約76億5000万円)で、レスター11選手の総額の2倍以上にあたる。

■レスター先発11名の移籍金(イギリス紙『サン』調べ)

GKカスパー・シュマイケル(デンマーク代表)…100万ポンド(約1億5600万円)
DFダニー・シンプソン(イングランド)…100万ポンド(約1億5600万円)
DFロベルト・フート(元ドイツ代表)…300万ポンド(約4億7000万円)
DFウェズ・モーガン(ジャマイカ代表)…80万ポンド(約1億2500万円)
DFクリスティアン・フクス(オーストリア代表)…フリー
MFダニー・ドリンクウォーター(イングランド代表)…67万5000ポンド
MFエンゴロ・カンテ(フランス代表)…560万ポンド(約8億7500万円)
MFマーク・オルブライトン(イングランド)…フリー
MFリヤド・マフレズ(アルジェリア代表)…40万ポンド(約6200万円)
FWジェイミー・ヴァーディ(イングランド代表)…100万ポンド(約1億5600万円)
FW岡崎慎司(日本代表)…700万ポンド(約12億8000万円)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る