2015.11.21

岡崎、レスター好調の理由を明かす「1つになることに自信がある」

岡崎
19日、レスターでのトレーニングに参加した岡崎 [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 20日、レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司がクラブ公式HPによるインタビューに応え、好調を維持するチームの状況に言及した。

 現在、レスターはリーグ戦12試合を終えて首位マンチェスター・Cと1ポイント差の3位に着けている。チームが自信をつけているのかと問われた岡崎は、「チームとしてやるべきことがはっきりしている。みんなが90分間ハードワークすることと、チームが1つになって戦うことに対してはすごく自信があると思うし、それをやり続けることが今重要なことだと思う。そういう意味で、勝つかどうかというよりも、毎試合100パーセント戦うことへの自信はすごくある」と、団結してハードワークすることを好調の要因に挙げた。

 レスターは、21日に行われるプレミアリーグ第13節でニューカッスルと対戦する。岡崎は、「代表ウィークが終わった直後の試合で、どのチームでも難しい試合だと思っているだろうし、ニューカッスルにももちろん代表選手もいるので、お互いにとって難しい試合になる」と試合を見据え、「自分たちがやることは変わらない。難しい試合だからこそハードワークをすることが大事だと思うし、チームとして1つになって戦うことが大事だと思う。それができれば、勝つチャンスは必ずある」と、意気込みを口にした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る