2015.11.06

スターリングがSNS上で人種差別的発言を受ける…警察に被害届も

マンチェスター・Cに所属するMFスターリング [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するイングランド代表MFラヒーム・スターリングが娘や姪との写真を自身のインスタグラムに投稿した後、アカウントを乗っ取られて人種差別発言を書き込まれた。5日付のイギリス紙『デイリーメール』や『インデペンデント』など複数メディアが報じている。

 今夏にリヴァプールからマンチェスター・Cに移籍金4900万ポンド(約90億7000万円)で加入したスターリングは一部のリヴァプールサポーターから恨みを買っているようだ。同選手がインスタグラムに3歳の娘と姪との写真を投稿すると、直後にアカウントを乗っ取られ「黒人野郎」、「恥ずべき金の亡者」などの人種差別的な言葉を書き込まれた。

 スターリングは5週間前にインスタグラムに娘との写真を投稿した際にも、「人類の恥め。娘がライオンに引き裂かれてしまえばいいのに」という誹謗中傷を書き込まれていたようだ。

 反差別団体の『キック・イット・アウト』は、スターリングとその家族に対する書き込みを人種差別発言だと非難し、マンチェスター警察に被害届を提出した。イングランドサッカー協会(FA)のスポークスマンも「このような差別的発言はサッカー界で受け入れられるべきではない。キック・イット・アウトなどの団体と連携しながらこの問題に取り組んでいきたい」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る