2015.11.04

得点力不足のマンU、ファン・ハール監督は元教え子の獲得を希望か

マリオ・ゴメス
ベジクタシュに所属するマリオ・ゴメス(写真は8月のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uがベシクタシュに所属するドイツ代表FWマリオ・ゴメスの獲得を目指していることが明らかになった。3日付のドイツ誌『スポーツビルト』が報じている。

 M・ゴメスは今シーズン、フィオレンティーナからベシクタシュにレンタル移籍で加入すると、これまでトルコ・スーパーリーグで10試合に出場し、得点ランクトップとなる8ゴールを挙げている。マンチェスター・Uはプレミアリーグで4位と好調をキープしているが、11試合を終えて15ゴールと得点力不足に悩まされており、トルコで復活の兆しを見せている同選手を注視しているようだ。

 また、マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督はバイエルン時代に指導したことのあるM・ゴメスを高く評価。「ゴメスは1試合に平均9回、最大でも14回しかボールを触らなかったが、毎試合のように点を取っていた。ボールがどのようにくるか、それにどう反応し、どれだけ早くその状況に対処するか。それは皆が考えているより、ずっと複雑なんだ」とイギリス紙『ガーディアン』にコメントしている。

 なお、『スポーツビルト』によると、同選手の市場価値は1150万ユーロ(約15億円)で、ファン・ハール監督が獲得をどれだけ望むかによって、冬の移籍が実現するかどうかが決まりそうだと伝えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る