2015.10.27

低迷するチェルシー、モウリーニョ解任なら”ペップ”新監督誕生か

グアルディオラ監督
チェルシー行きが噂されるバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督[写真]=Getty Images for FC Bayern
サッカー総合情報サイト

 チェルシーが来シーズンの新指揮官として、現在バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の招へいを画策していることがわかった。26日付のドイツ紙『tz』が伝えている。

 チェルシーのロマン・アブラモヴィッチ会長は、かねてより攻撃的なサッカーを標榜とするグアルディオラ監督がチームを率いることを熱望してきた。チェルシーは現在プレミアリーグで15位と低迷しており、ジョゼ・モウリーニョ監督の解任も現実味を帯びている。そのためアブラモヴィッチ会長は、今シーズンでバイエルンとの契約が満了を迎える同監督をチェルシーの新指揮官として迎えたいと考えているようだ。

 また、グアルディオラ監督が就任するまで、現在フリーのフース・ヒディンク氏がモウリーニョ監督に代わり指揮を執るのではないかと報じられている。

 去就が注目されるグアルディオラ監督は、11月27日に自身の今後についての公式声明を出すとみられる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る