2015.08.30

絶不調の王者チェルシー…開幕4試合の結果が記録的なものだった

チェルシー
クリスタル・パレスに敗れたチェルシー [写真]=Getty Images

 昨シーズンのプレミアリーグで憎らしいまでの強さを誇ったチェルシーが不調だ。スタンフォード・ブリッジでのリーグ第4節でクリスタル・パレスに1-2で敗れたのだ。

 これでチェルシーは開幕4戦で1勝1分2敗の勝ち点4。6得点9失点で、いまだクリーンシートがない。クリスタル・パレス戦後、ジョゼ・モウリーニョ監督は「ショックとは言わない。失望だと言う…」としつつ、「プレミアリーグは難しい」とも述べていた。

 この結果を受けて、データ会社『Opta』が興味深いデータを提示していたので紹介する。

 チェルシーがプレミアリーグでのホームゲームで2試合連続2失点以上するのは2011年11月以来のこと。前回はアーセナル戦で5失点、リヴァプール戦で2失点している(いずれも敗戦)。チェルシーにとって4試合で9失点というのは、この時点(4節終了時)における守備の記録としては1971-72シーズン(10失点)以来最も悪いものだそう。

アーセナル(2004-05)勝ち点12
チェルシー(2005-06)勝ち点12
チェルシー(2010-11)勝ち点12
マンチェスター・U(2011-12)勝ち点12
マンチェスター・U(1993-94)勝ち点10
マンチェスター・U(1994-95)勝ち点10
マンチェスター・U(1997-98)勝ち点10
マンチェスター・U(1999-00)勝ち点10
マンチェスター・U(2003-04)勝ち点9
チェルシー(2006-07)勝ち点9
マンチェスター・U(2009-10)勝ち点9
マンチェスター・U(2000-01)勝ち点8
マンチェスター・U(2001-02)勝ち点8
アーセナル(2002-03)勝ち点8
マンチェスター・C(2012-13)勝ち点8
マンチェスター・U(2013-14)勝ち点7
マンチェスター・C(2014-15)勝ち点7
マンチェスター・U(1996-97)勝ち点6
アーセナル(1998-99)勝ち点6
マンチェスター・U(2007-08)勝ち点5
マンチェスター・U(2008-09)勝ち点5
チェルシー(2015-16)勝ち点4
ブラックバーン(1995-96)勝ち点3

 そして、4節終了時点で勝ち点4というのは、プレミアリーグの前年王者としては1995-96シーズンのブラックバーンに次ぐ、ワースト2位となる低い数字だという。

 今シーズンも優勝候補筆頭だと思われていたチェルシーだけに、ここまでの不調は予想外と言える。代表ウィークを挟むため、第5節のエヴァートン戦(アウェー)が行われるのは9月12日になる。モウリーニョにとって早くも正念場となるかもしれない。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング