2015.08.16

2戦目で初ゴールの岡崎…プレミア日本人最多得点記録の更新に好発進

岡崎慎司
ウェストハム戦でプレミア初得点を記録した岡崎慎司(右) [写真]=Getty Images

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、15日に行われたプレミアリーグ第2節のウェストハム戦で移籍後初ゴールを決めた。



 今夏レスターに加入した岡崎は、8日に行われたリーグ開幕節のサンダーランド戦で先発出場し、プレミアリーグデビュー。日本人としては7人目のプレミアリーグ出場だった。

 それから1週間後の15日、ウェストハム戦でも先発出場した岡崎は、開始27分に先制ゴールを獲得。わずか2試合目でプレミアリーグ初得点をマークした。このゴールはプレミアリーグで、MF稲本潤一(現・コンサドーレ札幌)、中田英寿氏、MF香川真司(現・ドルトムント)、DF吉田麻也(サウサンプトン)に続き、日本人5人目のこと。同リーグ日本人最多得点は香川が記録しており、2012-13シーズンのマンチェスター・U加入初年度に6ゴールを決めていた。

 岡崎は、マインツ時代の2013-14シーズンにブンデスリーガで15得点を獲得。2011-12シーズンに香川がドルトムントで樹立した欧州主要リーグ日本人最多得点記録を更新していた。そして翌2014-15シーズンもリーグ戦で12ゴールを挙げ、2年連続2ケタ得点を達成している。

 わずか2戦目で初ゴールを記録し、得点能力を証明した岡崎。今シーズン中のプレミア日本人最多得点記録更新、そして3年連続2ケタ得点に期待がかかる。

 プレミアリーグでプレーした歴代日本人選手の記録は以下のとおり。(データはプレミアリーグ公式サイトより)

▼プレミアリーグ日本人出場記録(第2節終了時)

66試合 稲本潤一
64試合 吉田麻也
38試合 香川真司
21試合 中田英寿氏
17試合 宮市亮 
4試合 戸田和幸
2試合 岡崎慎司

▼プレミアリーグ日本人得点記録(第2節終了時)

6ゴール 香川真司
4ゴール 稲本潤一
2ゴール 吉田麻也
1ゴール 中田英寿氏/岡崎慎司

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る