2015.08.14

岡崎所属のレスター、人種差別発言のヴァーディに“相当額”の罰金処分

ヴァーディ
人種差別発言で処分を科されたレスターFWヴァーディ [写真]=Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは13日、人種差別発言をしたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに対する処分をクラブ公式サイトで発表した。

 ヴァーディは、レスター市内のカジノで日本人に対する種差別発言をしていた様子を、9日付けのイギリス紙『ザ・サン』に報じられていた。同選手はその報道後すぐに、「私の発言について、心から謝りたいと思います」と謝罪。10日には同選手と話し合いを行った岡崎も謝罪を受け入れ、その後一緒にトレーニングに取り組んでいた。

 レスターはヴァーディの発言に関して内部調査を実施。その結果、以下のように声明を発表している。

「問題となっている事件の一部始終をはっきりさせ、ジェイミーの即座の謝罪を考慮した結果、クラブはヴァーディに“相当額”の罰金と、規定された人種多様性理解のトレーニングプログラムを科しました。ジェイミーは、クラブ、自身のプロ精神、そしてレスターのコミュニティに対する責任を再認識しています。罰金は地元のチャリティに寄付する予定です」

 また、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、同日にチームを率いるクラウディオ・ラニエリ監督が記者会見で、同選手の出場停止処分などは科さないと明言。「ジェイミーはみんなに謝罪した。シンジとジェイミーの関係は良好だよ。私としては、これで一件落着だ」と、ヴァーディと岡崎の関係に問題は無いと語った。

 レスターは15日に行われるプレミアリーグ第2節で、前節アーセナルに勝利したウェストハムと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る