FOLLOW US

チェルシーGKチェフ、オーナーへの気遣いで新天地は英国外を選択か…

移籍が噂されるチェルシーGKチェフ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するチェコ代表GKペトル・チェフは今シーズン限りでの退団が濃厚と見られているが、移籍先はイングランド国外になる可能性が高いという。6日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 同選手は2004年にチェルシーに加入すると、すぐにレギュラーに定着。長年同クラブの守護神として活躍し、チャンピオンズリーグやプレミアリーグなど数々のタイトルを獲得してきた。しかし、今シーズンはレンタル先のアトレティコ・マドリードから復帰したベルギー代表GKティボー・クルトワにレギュラーの座を奪われ、出場機会が激減していた。

 チェフの獲得には同じプレミアリーグのアーセナルが興味を持っていると噂されているが、同選手はチェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏に深い敬意を抱いており、ライバルチームへの移籍をためらっているという。

 そこで移籍先として候補に上がったのが、現在セリエAで8位に沈んでいるインテルだ。同クラブのスロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチはチャンピオンズリーグでのプレーを望み今夏チームを離れるとみられ、その後釜としてチェフに目をつけているとのことだ。

 さらに同紙によると、チェルシーは過去に主力選手を放出する際、自チームへのダメージとなることを避け、イングランド国外に移籍させてきた例がある。そのため、今回もアーセナルやプレミアリーグのクラブに移籍することはないと伝えている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA