2015.02.27

ベッカム、試合前のトイレで坊主に…現役時代にファーガソンの命令で

ベッカム
2000年に行われたチャリティ・シールドのチェルシー戦に出場したベッカム氏 [写真]=Getty Images

 元イングランド代表のデイヴィッド・ベッカム氏が、マンチェスター・U時代にアレックス・ファーガソン元監督から、モヒカンを剃るように命じられていたことを明かした。イギリス紙『デイリーミラー』が26日に報じている。

 1986年にマンチェスター・Uの指揮官に就任したファーガソン氏は、「ファーギーズ・フレッジリングス」(アレックス・ファーガソンのひな鳥)と呼ばれたライアン・ギグス氏、ポール・スコールズ氏、ガリー・ネヴィル氏などの若手を育て上げる。1999年にはその黄金世代の選手たちを率いて、“トレブル”(3冠)を達成。リーグ戦では13回の優勝を導くなど、数々の栄光とともにマンチェスター・Uで長期政権を築き上げて、2013年に退任した。現在ファーガソン氏は、退任とともに監督業からも退いたが、マンチェスター・Uには役員として残っている。

 一方、「ファーギーズ・フレッジリングス」の1人であるベッカム氏は、マンチェスター・Uのアカデミー出身で、1992年にトップデビュー。1995年にプレミアリーグでデビューし、2003年にレアル・マドリードへ移籍するまで、ファーガソン元監督の下でプレーし活躍していた。

 ベッカム氏は、27日に放送されるイギリスメディア『BBC』のトーク番組『グラハム・ノートン・ショー』に出演。インタビューで同氏は、2000年に行われたチャリティ・シールド(現コミュニティ・シールド)のチェルシー戦前に、ロッカールームでファーガソン氏に髪を剃るように命令されたと明かしている。

「キックオフ1時間ぐらい前に僕はロッカールームにいた。その時サー・アレックス・ファーガソンが(モヒカンを)見て、僕に剃ってこいと命じたんだ」

「最初は『ノー』って言ったよ。でも、そしたら直後に彼の顔が変わったんだ。だから僕はトイレに髪を剃りに行ったよ。彼はとても厳しい人だったからね」

「クラブの評価に関わることでもあったんだ。彼は、全ての選手にプロとして振る舞うように要求していた。彼は僕の髪型が正しいと感じなかったんだ。僕らはウェンブリーでプレーしていたこともあり、彼は正しかったと思うよ」

 また、ファーガソン氏との関係について「長年の間、彼は父親代わりのようだった」と語るベッカム氏は、「子供の頃から大好きだったクラブに、彼が僕を呼び寄せてくれてたんだ。そして成功を手にした。彼が僕のキャリアを作り上げてくれたんだよ」と、ファーガソン氏に感謝のコメントをし、「僕はこれからも彼を尊敬し続けるだろう。なぜなら彼が、マンチェスター・Uでプレーするという夢を実現させてくれたからね」と語っている。

 なお、ベッカム氏は、古巣であるパリSGのホームで17日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのチェルシー戦をスタジアムで観戦。近くにはファーガソン氏も同席しており、仲良く観戦している姿もとらえられていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング