2015.02.11

上昇するプレミア放映権料、約1兆円に…高騰するチケット価格問題も

アンフィールド
最高経営責任者は、スタンドを満員にする事こそ最優先であると語った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグは、2016-2017シーズンから3シーズンの放映権を『スカイスポーツ』と『BTスポーツ』に売却した。10日付のイギリスメディア『BBC』が報じている。

 放映権料は約51億ポンド(9282億円)の契約で、これまでの契約からおよそ1.7倍に上昇した。2010-2011シーズンからの3シーズンは約18億ポンド(3294億円)であったことから、わずか3年間で約3倍の金額に伸びている事がわかる。

 この“好景気”に対して、解説者を務めるギャリー・ネビル氏は「この利益を下部リーグや草サッカー、そしてチケット価格高騰問題に充てるべきだ。当たり前だろう?これこそが重要な問題だ!」と利益の活かし方について問題提起し、同じく解説者のジェイミー・キャラガー氏も「特にアウェイ・スタンドで顕著な、チケット価格が高騰している問題こそ解決しなければならない」とネビル氏に同調している。

 プレミアリーグの最高経営責任者を務めるリチャード・スキューダモア氏は「スタジアムを満員にする事こそ最優先であると、各クラブが理解を示してくれている。しかし、若いファンの方々が試合観戦に来やすいように奨励する必要性も、これからは理解してほしい」と、チケット価格問題について言及した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る