2014.11.21

マンU指揮官、今夏退団したウェルベックに言及「移籍で得をした」

ウェルベック
今夏マンUからアーセナルに移籍したFWウェルベック [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督は今夏、イングランド代表FWダニー・ウェルベックアーセナルに売却したことは間違っていなかったと主張している。さらに、アーセナル移籍でウェルベックは恩恵を受けたと語った。イギリス紙『デイリーミラー』が20日に伝えている。

 ウェルベックは移籍市場の最終日に1600万ポンド(約29億円)でアーセナルに移籍。22日に行われるプレミアリーグ第12節で、古巣のマンチェスター・Uとエミレーツ・スタジアム(アーセナルの本拠地)で対戦する。アーセナルに加入して以来、ウェルベックはチャンピオンズリーグのガラタサライ戦でのハットトリックを含む5ゴールを挙げている。

 同選手はここまで、古巣マンチェスター・Uのイングランド代表FWウェイン・ルーニー(3ゴール)、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー(3ゴール)、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(1ゴール)より多くのゴールを記録。そうなると、ファン・ハール監督がウェルベックを放出したのは果たして正しかったのだろうかという疑問が出てくる。

 しかしファン・ハール監督は、ウェルベックがマンチェスター・Uに残っても、スタメンでは出場できなかっただろうと次のように主張した。

「マンチェスター・Uに残留することも可能だった。しかし、私はウェルベックが出ていくことを認め、移籍したことで彼は得をした。選手はレギュラーとして試合に出れば成長する」

「今、毎試合に出ていることがウェルベックのためになっている。しかし、それがマンチェスター・Uで可能だったかは疑問の残るところだ」

「しかし、私が彼をどう見ているかということは重要なことではない。もうアーセナルの選手だからね。マンチェスター・Uの選手ではない。今は、彼に勝たなければならない。彼一人に勝つということではなくアーセナルに勝たなければならないのだ」

 また、ファン・ハール監督はウェルベックが古巣相手にゴールを決めることは気にしていないと語り、元アーセナルのファン・ペルシーのことを引き合いに出した。

「ファン・ペルシーはアーセナルの選手だったけれど、すでに古巣から3ゴールを奪っている。だからウェルベックに対しても同じだよ。サッカーとはそういう世界なんだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る