2014.10.25

チェルシー戦に臨むマンU指揮官「ディ・マリアは出場できる」

アンヘル・ディ・マリア
前節のWBA戦で途中交代したマンUのMFディ・マリア(右)[写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは26日、プレミアリーグ第9節でチェルシーと対戦する。試合前会見に出席したルイス・ファン・ハール監督は、同試合にアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが出場できる状態にあると説明した。24日、クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 前節のWBA(ウェスト・ブロムウィッチ)戦で途中交代したディ・マリアは、チェルシー戦への出場が心配されていた。

 ファン・ハール監督は「ディ・マリアはフィットな状態だ。この前、試合の後に軽傷だと話したように、大したものではない。試合翌日の練習に参加しなかっただけで、すでにトレーニングをしていて問題はない」とコメントした。

 一方で、7月に左足首のじん帯を負傷し、手術を受けたために開幕前から戦線離脱を強いられていたMFマイケル・キャリックが、24日に行われたリザーブチームの試合で復帰を果たした。同監督は、「けがから復帰する際は実践の機会が必要だ。彼は約5カ月もけがに苦しんだんだ」と語り、キャリックの回復に喜びを示している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る