2014.10.05

ヤヤ&アグエロ弾でアストン・ヴィラを下したマンCが連勝

ヴィラ戦で決勝ゴールを奪ったアグエロ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cは4日、プレミアリーグ第7節でアストン・ヴィラの本拠地であるヴィラ・パークに乗り込み、2-0で勝利した。



 チームを率いるペジェグリーニ監督は、ミッドウィークに行われたCL第2節、1-1で引き分けたローマ戦から先発3選手を変更。マルティン・デミチェリス、ガエル・クリシ、ヘスス・ナバスに代えて、エリアカン・ マンガラ、アレクサンダル・コラロフ、ジェイムズ・ミルナーを起用した。

 立ち上がりはホームのアストン・ヴィラが積極性を見せるも、個々の能力と地力で上回るマンチェスター・Cが時間の経過とともに試合を支配し始める。そのマンチェスター・Cは11分に決定的な場面を演出。ボックス左でコラロフが左足を振り抜くと、ディフェンダーにディフレクトした強烈なシュートがニアサイドのポストに直撃した。

 前半の半ばにさしかかると、プレスの強度を強めたアストン・ヴィラが巻き返す。25分にはハーフウェイライン手前からアタッキングゾーンまでドリブルでボールを運んだシャルル・ヌゾクビアがそのままミドルシュートを放ったが、枠の右へ外れた。

 ハーフタイムにかけては、再びシティが圧力を強める。28分にはコラロフの鋭いクロスをゴール前のセルヒオ・アグエロが頭で合わせたが、シュートはわずかに枠の右へ。続く34分にはゴール正面でパブロ・サバレタの横パスを受けたエディン・ ジェコがシュートへ持ち込むも、これも枠に飛ばすことができない。前半終了間際にはミルナー、コラロフ、ジェコと立て続けに枠内へ鋭いシュートを放ったが、いずれもヴィラDFの身体を張った守備に阻まれ、ゴールをこじ開けることができずにハーフタイムを迎えた。

 迎えた後半は、開始早々にお互いが決定機を迎える。マンチェスター・Cは47分、ミルナーの好スルーパスをボックス左で受けたアグエロが素早くシュートへ持ち込んだが、右ポストに直撃。対するアストン・ヴィラは直後にカウンターからチャンスを得る。ヌゾクビアのパスからキーラン・リチャードソンがシュートを放ったが、GKジョー・ハートのファインセーブに遭った。

 56分にはマンチェスター・Cにアクシデントが発生。足を痛めたフェルナンヂーニョがプレー続行不可能となり、ランパードとの交代でピッチを後にする。一方のアストン・ヴィラは、61分にアンドレアス・ヴァイマンを下げてクリスティアン・ベンテケを投入。長期離脱していたベンテケは約6カ月ぶりの出場となった。この直後、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督はジェコに代えてフェルナンドをピッチに送り出し、ヤヤ・トゥーレをアグエロの後方に配する[4-2-3-1]へ布陣を変更した。

 交代によって、より攻勢を強めたのはアウェイチーム。69分にダビド・シルバが枠をわずかに外すシュートを放つと、72分にもアグエロがシュートへ持ち込む。しかし、これはGKブラッド・グザンの正面をついた。それでも、マンチェスター・Cはこの試合で低調なパフォーマンスに終始していたヤヤ・トゥーレの一撃で試合を動かす。82分、バイタルエリアをドリブルで持ち上がったヤヤ・トゥーレが左足でゴール左隅にシュートを流し込んで、試合の均衡を破った。

 ゴールによって余裕が生まれたマンチェスター・Cは88分に試合を決める。ゴール正面でミルナーからボールを受けたアグエロがゴール右へシュートを沈めて勝負あり。マンチェスター・Cが終盤の2ゴールによってアストン・ヴィラを下し、リーグ戦連勝を飾った。

【スコア】
アストン・ヴィラ 0-2 マンチェスター・C

【得点者】
0-1 82分 ヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・C)
0-2 88分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る