2014.07.30

マンU指揮官、香川のトップ下に好印象か「前の2試合より良い動き」

香川真司
インテル戦にトップ下で出場したマンUのMF香川真司(右)[写真]=Getty Images

 プレシーズンマッチ「インターナショナル・チャンピオンズカップ」のグループA第3試合が29日に行われ、日本代表MF香川真司所属のマンチェスター・Uと同DF長友佑都所属のインテルが対戦した。同試合は90分を終えてもスコアレスのまま決着がつかず、PK戦に突入。マンチェスター・Uが5-3でPK戦を制した。

 試合後の会見でルイス・ファン・ハール監督は、初めてトップ下で起用した香川について言及。「ドルトムント時代に真司が10番のポジションでプレーしていたことは知っていた。だからこそ、前の2試合ではボランチのポジションに入れてみた。新しいシステムの中で、彼がどんな動きをするのか試してみたかった」と、起用意図を説明した。

 ファン・ハール監督は、念願のトップ下でプレーした香川に対して「最初の2試合よりも良い動きをしていたと思う」と評価している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る