2014.04.28

首位撃破のモウリーニョ監督「我々に優勝のチャンスはない」

モウリーニョ監督(左)の真意はいかに [写真]=Getty Images

 チェルシーは27日のプレミアリーグ第36節で、首位のリヴァプールと対戦し、アウェーで2-0と勝利した。

 今節の結果、チェルシーは2位のままとなったが、残り2試合でリヴァプールに勝ち点2差と迫った。ところが、ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、「我々に優勝のチャンスはない」と、クラブ公式HPを通じて断言。「我々はこの試合がタイトルマッチになることを望み、長い間そのことについて話していた。ところが、いくつかの理由があって、この試合はタイトルマッチではなかった」と語った。

「今日は重要な勝ち点3を手にした。我々は3位でフィニッシュするために、あと勝ち点1を必要としている」と、狙いはチャンピオンズリーグ本戦の出場権だと明かす。

「チャンピオンは1チームだけ。そのために我々は3位になることで、トロフィーは望まない」

 優勝の可能性が残るのは、勝ち点80のリヴァプールと、同78で2位のチェルシー、1試合消化の少ない中で同77の3位にいるマンチェスター・Cの3チーム。それでも、指揮官は「我々はチャンピオンたちとの2試合で勝ったと言える。リヴァプールとの2試合で勝ったし、シティとの2試合でも勝った。そのため、どちらがチャンピオンになるかは問題ではない。我々は彼らとの両方の試合で勝ったんだ」とコメント。混沌とする優勝争いについては、真意か陽動作戦かを図りかねる受け答えに終始した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る