FOLLOW US

モドリッチ、ベイルに続きレアルが再びトッテナムから選手補強か

トッテナムでプレーするパウリーニョ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードが来年1月の移籍市場で、トッテナムに所属するブラジル代表MFパウリーニョの獲得を画策していると、イギリス紙『テレグラフ』が伝えている。

 レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、今シーズンからトッテナムでプレーしているパウリーニョを高く評価。ブラジル・ワールドカップ終了後となる来夏の移籍市場ではオファーが殺到すると予想し、1月の移籍市場での獲得を模索していると同紙は報じた。

 レアル・マドリードは過去にもトッテナムから選手を補強しており、2012年にはクロアチア代表MFルカ・モドリッチを、2013年にはウェールズ代表MFギャレス・ベイルをチームに迎えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA