2013.12.24

チェルシーDFテリーがタイトルレースに言及「視界良好だ」

テリー
アーセナル戦にフル出場したテリー [写真]=Getty Images

 チェルシーの元イングランド代表DFジョン・テリーが、プレミアリーグのタイトルレースに関して口を開いた。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 23日に行われたプレミアリーグ第17節で、チェルシーは日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルと対戦し、0−0で試合を終えた。テリーは「僕たちは勝利のために戦った。ただ、負けないという狙いも持っていた。80分間は勝利を目指したけれど、残りの10分間は引き分けを考えていた」と試合を振り返った。

 また、勝ち点1を加えたチェルシーは、首位に立つリヴァプール、2位のアーセナルと勝ち点2差の4位につけている。この現状について、テリーは「今の順位には満足しているよ。視界良好だ。4、5チームが混戦の状態になっている。良い結果を残していきたい」とコメント。リーグ制覇に向けて手応えを感じていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る