2013.12.24

引き分けに不満のヴェンゲル「チャンスを生かさなければ勝てない」

ヴェンゲル
アーセナルを率いるヴェンゲル監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、23日に行われたプレミアリーグ第17節のチェルシー戦を振り返った。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ホームでチェルシーに0-0と引き分けたアーセナルは、リヴァプールと同勝ち点ながら得失点差で2位に後退。ヴェンゲル監督は「チャンス自体が少ない試合だったが、それでも得点を奪う機会はわずかにあった。チャンスを生かさなければ勝つことはできない」と試合を分析した。

 また、対戦相手であるチェルシーについては「彼らは良い守備を見せていた」とコメント。続けて「後半は試合を支配していた。その際に少ないチャンスを生かして勝利しなければならなかった」と述べ、勝ち点3を獲得できなかった悔しさを滲ませた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る