2013.12.24

注目の上位対決…チェルシーとドローのアーセナルが2位へ転落

エジル
先発出場したランパード(左)とエジル(右) [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 プレミアリーグ第17節が23日に行われ、日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルとチェルシーが対戦した。宮市はベンチ入りしなかった。

 前節終了時点で首位のアーセナルと3位のチェルシーが激突した注目の上位決戦は、チェルシーが積極的にゴールへ迫る。27分、右サイドからウィリアンがクロスを送り、中央のラミレスがヘディングシュート。しかし、ボールは枠外に外れた。

 32分には、エデン・アザールのパスからフランク・ランパードがボレーシュートを放ったが、ボールはクロスバーを直撃。直後に訪れたフェルナンド・トーレスのシュートチャンスもゴールには結びつかなかった。

 0-0で迎えた後半もチェルシーがカウンターからチャンスを演出する。71分にはランパードのFKからジョン・テリーがヘディングシュートを放つが、枠を捉えられない。

 一方、負ければ首位陥落となるアーセナルも終盤にチャンスを作る。79分、中盤でのパス回しから、最後はゴール前でフリーのオリヴィエ・ジルーへとボールが渡る。しかし、ジルーはシュートを外してしまい、アーセナルも決定機を生かせなかった。その後も両チームはゴールを奪うことができず試合は0-0で終了。勝ち点1を分け合った。

 この結果、前節まで首位に立っていたアーセナルは、リヴァプールと勝ち点36で並んでいるものの、得失点差で2位に転落。チェルシーも4位へ順位を落とした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る