2013.12.21

ゴール量産に期待するマンU指揮官「全員に決めてもらいたい」

モイーズ
マンチェスター・Uを率いるモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督が、選手たちのゴール量産を期待した。クラブ公式HPが伝えている。

 オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが負傷離脱中の現況に触れたモイーズ監督は「選手達にも話しているが、全ポジションの選手にゴールを決めてもらいたい。シーズン全体を考えれば、ストライカーがほとんどのゴールを生み出すが、ストーク戦のようにアシュリー(ヤング)や(パトリス)エヴラがゴールを決めるのは良いことだ」とコメントした。

 また、21日にはプレミアリーグ第17節のウェストハム戦がホームで行われる。現在、ホームでのリーグ戦は2連敗中だが、同監督は「オールド・トラッフォードで神経質になったことは一度もない。最高の環境だ。今後の試合でも、勝利のためにベストを尽くす」と語った。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング