2013.12.15

マンCに6失点大敗…落胆するヴェンゲル監督「多くのミスをした」

ヴェンゲル
マンC戦の大敗に肩を落とすヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images

 日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、大敗に肩を落とした。クラブ公式HPが伝えている。

 14日に行われたプレミアリーグ第16節でマンチェスター・Cと対戦したアーセナルは、守備陣が崩壊し、3-6で敗戦を喫した。試合を振り返ったヴェンゲル監督は、次のようにコメントしている。

「難しい試合だった。これまでプレミアリーグで最高の守備を誇っていたが、今日は多くのゴールを与えてしまった。だが、正直に話せば、我々も同様に6ゴールを奪う可能性があった。互いに攻め合う展開だったが、我々の攻撃陣はあまりに多くのミスをした」

「1-2から3点目を奪われ、1点を返したものの4点目を許した。常に軽率なミスをしている。最終的には3-6という結果だ。私が最も残念だったのは、マンチェスター・Cに勝ち点9差をつける機会があったのに生かせなかったということだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る