2013.12.15

マンチェスター・Cが首位アーセナルに6得点を奪い大勝

ダビド・シルバ
6得点を奪って勝利したマンチェスター・Cが首位アーセナルとの勝ち点差を3につめた

 14日、プレミアリーグ第16節が行われ、マンチェスター・シティーはホームに首位アーセナルを迎えた。試合は6-3と、圧倒的な攻撃力を見せ付けたマンチェスター・Cが大勝を収めている。

 試合が動いたのは14分。CKがファーサイドに流れたところをFWセルヒオ・アグエロがボレーで合わせ、マンチェスター・Cが先制する。

 対するアーセナルはMFメズート・エジルがシュートを放つも、マンチェスター・CのGKコステル・パンティリモンに弾かれてしまった。

 それでも32分には、FWセオ・ウォルコットがペナルティーエリア外から同点弾をマーク。しかしわずか7分後、マンチェスター・Cが反撃。DFパブロ・サバレタのクロスをFWアルバロ・ネグレドが決めて、再びリードを奪った。

 さらに50分には3点目を叩き込む。アーセナルMFエジルがボールを失うと、シャフタールから今夏マンチェスター・Cに加入したMFフェルナンジーニョがこれを奪って、移籍後初ゴールを挙げた。

 アーセナルも直ちに反撃。ウォルコットが2点目となるゴールを記録。MFアーロン・ラムジーのパスから、見事にゴール上隅に決めて見せた。

 しかし試合はその後も激しく動く。MFへスス・ナバスが守備を交わしてボールを戻すと、MFダビド・シルバがゴール前約7メートルのところから決めた。

 さらに、この日移籍後初ゴールを決めたフェルナンジーニョはその後も躍動。アーセナル守備陣を苦しめた。

 MFサミル・ナスリのパスを受け、2ゴール目を記録。チームは5点目を奪う。なんとか勝ち点を手にしたいアーセナルも交代出場のFWニクラス・ベントナーがチャンスを作るが、オフサイドの判定。後半ロスタイムにはDFペア・メルテザッカーのヘディングで、ようやく3点目を返すが、反撃もここまで。

 最後まで攻撃の手を緩めなかったマンチェスター・Cは、MFヤヤ・トゥレが試合終了間際に6点目をマークし、試合を締めくくった。

 ホームで勝点3を手にしたマンチェスター・Cは、首位アーセナルとの差を3ポイントとしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る