2013.12.10

チェルシーFWエトーが来夏にアメリカ移籍を選択か…英紙報道

エトー
MLS移籍の噂が浮上したエトー [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するカメルーン代表FWサミュエル・エトーが、MLS(メジャーリーグサッカー)に移籍する可能性があると、イギリス紙『ガーディアン』が伝えた。

 エトーは今夏の移籍市場でチェルシーへ加入し、プレミアリーグでは現在9試合に出場して2ゴールを挙げている。しかし、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、エトーを含めた攻撃陣に不満を感じている模様。クラブの財政健全化を目指したファイナンシャル・フェアプレー制度により、今冬の移籍市場での選手獲得は難しいため、来夏にFWの補強を考えていると同紙は伝えた。

 エヴァートンにレンタル移籍中のベルギー代表FWロメル・ルカクの復帰が濃厚とされている中、チェルシーとの契約が今シーズン限りとなっているエトーは、MLSでのプレーを選択すると同紙は予想。移籍先の候補としてロサンゼルス・ギャラクシー、D.C.ユナイテッドらのクラブ名を挙げた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る