FOLLOW US

マンU補強の条件は…モイーズ監督「必ずしも必要ではない」

選手補強に言及したモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督が、来年1月の移籍市場での動きについて言及した。イギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 7日に行われたプレミアリーグ第15節で、マンチェスター・Uはニューカッスルに0-1と敗れ、今シーズン5敗目を喫した。苦しい戦いを強いられている中、モイーズ監督は選手補強について言及。「必ずしも必要だとは感じていない。クラブにとって正しいと判断すれば選手を獲得するだろう。そうでなければ再び夏を待つことになる。マンチェスター・Uは、最も良い才能をチームに加える。それは変わらない」とコメント。積極的な補強に動く予定がないことを明かした。

 ホームで連敗を喫したマンチェスター・Uは、現在6勝4分5敗で9位。首位に立つアーセナルとは勝ち点13差となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA